あきたこまちとは

あきたこまち(秋田こまち)とは

秋田こまちとは秋田県の主に秋田県の県北で栽培されている日本、東北が誇るお米ブランドである。秋田こまち、秋田小町などと表記されているが、正しくは「あきたこまち」である。

 

あきたこまちとは、日本のイネの栽培品種の1つである。1984年に秋田県の奨励品種に採用された。秋田県が独自の良食味品種を目指して開発した品種であるが、そもそもの由来が福井県交配種子を用いて育成されたため、種苗法による品種登録はされていない。そのため、知的財産としての裏付けはなく、隣県の岩手県をはじめ、関東、中四国、九州地方まで広く栽培されている[1]。1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持している。2005年度の作付面積は約13万ha、順位は第4位である[2]。東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位である。

 

あきたこまちイメージ図

 

あきたこまち美味しさの秘密

あきたこまちは、各地域により通常のあきたこまちより厳しい基準で選別されています。中でも特においしいと地域で人気なのが羽後(うご)地域のあきたこまちなのです。
その理由が
 ・ 整粒歩合(米の粒の整い具合)75%以上〜80%未満
 ・ タンパク質含有率(硬さ要因となる)6.2%前後
 ・ 選別工程では大粒のみを選別する1.95mmメッシュを使用(通常は1.8mmメッシュ)
これらの厳しい基準をクリアし、ひと粒ひと粒が大きくふっくらと炊き上がる高品質米だけが「JAうご産あきたこまち」として市場に出荷されています。