クレジットカードでポイントを貯めよう

クレジットカードでポイントを貯めろ!2%還元をメインに継続マイルも獲得

ANAのマイルを貯めて、1〜2年に1回ほどビジネスクラスの特典航空券に交換しています。1マイルの価値は人それぞれだと思うんですが、僕の使い方では3〜5円くらいだと考えています。

 

いまは6枚の「ANAカード」を持っています。20代の頃に出張が多かった関係で、スーパーフライヤースカート(ANAの上級会員のみ申し込めるカード)を取得しまして、3年ほど前からは「ANAダイナーススーパーフライヤーズプレミアムカード」をメインに使っています。

 

年会費は15万5000円と高いですが、100円利用で2ポイント(=2マイル相当)が貯まる高還元で、マイル移行手数料もかからない。それにポイントの有効期限もないので、どんな支払いも基本はこのカード。

 

楽天Edyへのチャージも200円につき1マイルが貯まるので、コンビニではANAのマイルを貯める設定にしたおサイフケータイの楽天Edyで支払っています。これだとチャージのときに0.5%、楽天Edy利用時に0.5%のマイルが貯まるので、計1%還元。カード払いより還元率は下がりますが、そこは利便性重視にしてますね。

 

以前は状況に応じて、いろいろカードを使い分けていたんですけど、このカードを持ってからは、最低2%還元は確保できるので、面倒な計算はしなくなりました。おかげて時間も有効に使えるようになった気がしますね。いまはだいたい月20万円くらい使って、4000マイルほど貯まっています。

 

電車に乗るときは、「ANAVISASuicaカード」を通勤用のSuicaとして、「ANAToMeCARD PASMO JCB」をプライベート用のPASMOとして使っています。それと「ANA VISA一般カード」「ANAマスター一般カード」「ANATOKYUPOINTClub Q PASMOマスターカード」の3枚は、継続マイル獲得用ですね。

 

ANA一般カードは毎年カードを継続するたびに1000マイルがもらえるのですが(プレミアムカードは1万マイル)、「ANAVISA Suicaカード」と「ANATOKYUPOINTClub Q PASMOマスターカード」のは条件を満たすと年会費が751円、「ANAVISA一般カード」と「ANAマスター一般カード」も1,025円税まで下げられるんです。1マイル=3円と考えたら、かなりおトクですよね。

 

おすすめクレジットカード探すなら creditcard-ranking-fun.com
年間に使う生活費すべてをクレジットカードで支払うと年間数万円は必ず儲かることをご存じだろうか。例えば300万円の生活費をクレジットカード(ポイント還元率1%)で支払ったとすれば年間3万円が儲かる計算。貯めても金利はつかない時代。だったら使って貯める。クレジットカード利用による節約テクニックも大切だろう。